特定商取引の住所をゼナフィリンと比較

ゼナフィリンは渋谷区の私書箱が住所になっています。 特定商取引の住所を私書箱にすることはグレーで違法の可能性も高くなりますが増大サプリの会社は怪しい所が多いです。 一方でヴォルスタービヨンドは台東区の住所を公開していて上記が筆者が実際に行ってみた建物の写真になります。 偶然、自転車ですぐのところでしたので口コミや効果のように撮影してきました。 2016年現在では1階が「お弁当屋さん」のテナントで、ポストが4つありその一つに「KSTジャパン」とありました。これが「ヴォルスタービヨンド・ジャパン」かもしれません。 全く住所が違うので、ヴォルスタービヨンドとゼナフィリンでは業者が異なる評価と言えます。

ドメイン情報をWhoisで比べてみたが判別不可

ヴォルスタービヨンドのドメイン情報はWhoisでは、「お名前.com」がレジストラとして管理されています。 ドメインを取得すると本来は持ち主が個人情報を公開しないとならない義務があるのですが、管理会社である「お名前.com」が代行を依頼することが可能になってもいます。 そうすると持ち主の情報はwebでは調べられなく、レジストラに問い合わせするしかないのですが、正当な理由なしでは開示してもらえないとの口コミです。 同じく、ゼナフィリンもヴォルスタービヨンドと同様にWhosi代行の効果を使用しているので、ドメイン情報だけでは同一の販売業者かどうかの判断ができません。

サーバー情報を比較すると全く別物

上記と同じWhoisではwebサーバーがどこをお金を出して借りているのを見ることが可能です。 ヴォルスタービヨンドは有名な「エックスサーバー」で、ゼナフィリンは「使えるねっと」で異なります。 サーバーは同じ方が管理はしやすいので、ゼナフィリンで変える効果のメリットが少ないことを考慮すると販売業者は異なると判断できます。

ホームページのCSSとアクセス解析の比較

増大サプリの販売ページの作成はホームページ製作会社に丸投げで依頼することがほとんどなのですが、ランディングページのソースを比較すると参照しているCSSファイルの名前が異なります。 もし同一会社に作成依頼をしてたならゼナフィリンと一緒の効果になる可能性が高いです。 また、どれだけの人数が訪れたかを計測するアクセス解析ですが、ヴォルスタービヨンドはGoogleアナリティクスです。 一方のゼナフィリンはユーザーローカルというスマホ解析の会社を利用しています。 アクセス解析も全く違うので、ここでも両者の比較では評価が異なると判断できます。

申込フォームのページを比較すると不思議

ゼナフィリンなのですが、経験者の口コミ同様に少し不思議なのが申込フォームに飛ぶとURLが別の物に意図的に変わります。 zenafirin-japan.com ⇒ zenafirin.com 後者のドメインをWhoisで再調査すると、中国の広州市(香港の北)が管理者の住所として出てきます。 登録者も「GuangZhouAiLaiMianDeMaoYiYouXianGongSi」という名前です。 この名前で検索すると効果が同じような「ジョナリス」という増大サプリが同じドメイン管理者と出てきます。 ジョナリスとゼナフィリンの申込ページを細かく比較すると全く同じテンプレートのデザインなのが分かり口コミも似ています。 一方でヴォルスタービヨンドとは異なるので、申込ページから判断すると別業者なのでしょう。

ゼナフィリンはお客様負担送料が違う

ECショップを運営すると、送料の負担をお客様にどれだけお願いするかを評価が気になり迷うことが多く、運営者によって異なることが多いです。 ヴォルスタービヨンドでは送料負担が540円で、ゼナフィリンは630円と異なります。 もし同じ販売業者なら自然と統一してしまいますので、異なる会社ということになります。

Amazonで検索すると同一のメーカーが出てくる

通販大手のAmazonではヴォルスタービヨンドもゼナフィリンも同時に販売していますが、何故か価格が中間マージンを上乗せしているせいか高くなってます。 新品での出店者は双方では異なりますが、製品名の下に出るメーカー名が共通で「B&Hオンラインショップ」になってます。 精力剤全般を取り扱っている会社のようですが、ゼナフィリンの製造元ではないようで、一見すると無記名の効果の口コミで勘違いされる原因になっています。 この「B&Hオンラインショップ」では同様にヴィトックスも出品してたりしますが、間違いなく別メーカーなので増大系をひとまとめにAmazonに審査を通す役目のところなのでしょう。 恐らくべファインというのがゼナフィリンとは同一業者のように思われます。

評価のまとめ

・ドメイン ⇒ 判定不能
・サーバー会社、アクセス解析、CSS、申込フォーム、送料、住所、ドメイン管理人 ⇒ 異なる

異なる分部が大多数なので、ヴォルスタービヨンドとゼナフィリンは別会社だという判断になります。


ヴォルスタービヨンドの口コミと効果

関連記事一覧